八幡平の歯医者なら【岡田歯科医院】へ

岡田歯科医院ロゴ

マウスピース矯正

マウスピース矯正はこんな人におすすめ


マウスピース矯正は、痛みが少なく、ワイヤーでの矯正歯科治療よりも比較的手軽に行える治療です。下記に当てはまる方は、マウスピース矯正がおすすめです。ご検討されている方は、岡田歯科医院までお気軽にご相談ください。

  • 矯正歯科治療をしていることを気づかれたくない
  • 強い痛みが苦手
  • 不快感なく食事をしたい
  • 自己管理が得意
  • 金属アレルギーをお持ちの方

マウスピース矯正のメリットとデメリット


マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正

目立ちにくい

透明なプラスチック製のマウスピースを装着することで、金属製の矯正器具に比べて目立たなくなります。周囲の人に気づかれることが少ないため、矯正歯科治療をしていることを気にする人にとっておすすめの治療法です。

痛みが少ない

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正ほど強いしつけがなく、金属製の矯正器具を歯に固定しないため、痛みや不快感が少ないとされています。ただし、歯の移動が進むにつれてマウスピースの圧力が強くなることがあるため、多少の痛みを感じる場合があります。

食事がしやすい

食事時にマウスピースを外すことができるため、食事中に矯正器具による煩わしさはありません。矯正歯科治療中でも好きな食べ物を自由に食べることができます。

清潔に保てる

マウスピースは取り外しができるため、歯磨きやマウスピースの清掃がしやすく、衛生的に保つことができます。

マウスピース矯正のデメリット

矯正歯科装置

目立ちにくい

透明なプラスチック製のマウスピースを装着することで、金属製の矯正器具に比べて目立たなくなります。周囲の人に気づかれることが少ないため、矯正歯科治療をしていることを気にする人にとっておすすめの治療法です。

痛みが少ない

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正ほど強いしつけがなく、金属製の矯正器具を歯に固定しないため、痛みや不快感が少ないとされています。ただし、歯の移動が進むにつれてマウスピースの圧力が強くなることがあるため、多少の痛みを感じる場合があります。

食事がしやすい

食事時にマウスピースを外すことができるため、食事中に矯正器具による煩わしさはありません。矯正歯科治療中でも好きな食べ物を自由に食べることができます。

清潔に保てる

マウスピースは取り外しができるため、歯磨きやマウスピースの清掃がしやすく、衛生的に保つことができます。

マウスピース矯正の治療期間と流れ


治療期間


マウスピース矯正の治療期間は、個人差がありますが、通常は6ヶ月から2年程度が目安とされています。治療期間は、矯正の必要な範囲や治療の進行状況によって異なります。

治療の流れ


1.歯科医師の診察

まず、歯科医師による診察を受けます。口腔内の状態を確認し、矯正歯科治療の必要性や治療方法などを説明します。

カウンセリング

2.歯型の取得

次に、マウスピースを作るために、口腔内から現状の歯並びを取得します。

3.マウスピースの作成

歯並びの情報を元に、マウスピースを作成します。

マウスピース矯正

4.マウスピースの装着

マウスピースができたら、歯科医師が調整し、装着します。最初のうちは、口の中に違和感がありますが、徐々に慣れていきます。

マウスピース矯正

5.治療の進行

マウスピースができたら、歯科医師が調整し、装着します。最初のうちは、口の中に違和感がありますが、徐々に慣れていきます。

6.マウスピースの交換

治療が進むにつれて、徐々にマウスピースを新しい形に交換していきます。マウスピースを交換することで、歯の動きをうながしていきます。

マウスピース矯正

7.治療終了

歯が目標の位置へ移動したら、最終的な噛み合わせの調整を行い、治療を終了します。治療後は、保定期間や定期的なメンテナンスが必要となります。治療が終了したからといって安心せず、保定期間の過ごし方など、歯科医師の指示をしっかりと守りましょう。

リテーナー

マウスピース矯正のよくある質問


マウスピース矯正はどのような症状に対応できますか?軽度から中等度の歯並びの問題であれば基本的に対応できます。ただし、重度の歯並びの問題には、ワイヤー矯正が適している場合があります。患者様の口腔内の状況によって異なりますので、まずは一度、当院までご相談ください。
マウスピースのお手入れ方法はマウスピースは、歯ブラシや洗浄剤を使用して清潔に保つことが重要です。マウスピースお渡しの際にしっかりとご説明させていただきます。
マウスピース矯正後に並びが元に戻ってしまうことはありますか?マウスピース矯正で歯並びを改善した場合でも、元の歯並びに戻ろうとする後戻りという現象が起こる場合があります。そのため、治療後は保定期間という、歯並びを固定するための期間が必要になります。保定期間中は、リテーナーという保定装置を装着していただきます。