八幡平の歯医者なら【岡田歯科医院】へ

岡田歯科医院ロゴ

虫歯を放置するリスク

虫歯を放置することにはさまざまな健康リスクが存在します。虫歯は歯の表面を侵食する細菌によって引き起こされる病状で、初期段階では痛みや不快感が軽度であることがありますが、進行すると重篤な問題を引き起こす可能性があります。

以下に虫歯を放置することに伴う主なリスクについてご紹介します。

痛みと不快感の増加


虫歯は進行すると痛みや不快感が強まります。食べ物や飲み物を摂取する際に痛みを感じることがあり、日常生活に影響を及ぼす可能性があります。

歯の損傷


虫歯が進行すると歯の組織が溶かされ、虫歯部分が大きくなります。これにより歯の構造が弱くなり、歯が割れたり欠けたりするリスクが高まります。

感染の広がり


虫歯が神経に達すると、感染が広がる可能性があります。この場合、歯の根の周囲の組織に感染が及び、顔の腫れや炎症を引き起こすことがあります。

根管治療の必要性


虫歯が神経まで進行すると、根管治療(歯の神経を取り除く治療)が必要になることがあります。この治療は時間と費用がかかる上、歯の構造が弱まる可能性があります。

歯を失う可能性の向上


重度の虫歯が放置されると、歯を失う可能性があります。歯を失うと咀嚼機能や発音に影響が出るだけでなく、隣接する歯の位置や噛み合わせにも悪影響を及ぼすことがあります。

全身的な健康リスク


歯の健康は全身の健康と密接に関連しています。口内炎や歯周病などの感染が全身に広がる可能性があり、心臓病や糖尿病などの慢性疾患のリスク増加とも関連しています。

したがって、虫歯を放置せずに適切な歯科治療を受けることが重要です。定期的な歯科検診を受け、早期段階で虫歯を発見して治療することで、これらの健康リスクを最小限に抑えることができます。口腔衛生の維持やバランスの取れた食事も歯の健康維持に寄与します。