八幡平の歯医者なら【岡田歯科医院】へ

岡田歯科医院ロゴ

虫歯の原因

虫歯は、歯の組織であるエナメル質や象牙質が脱灰されてしまう(溶かされてしまう)歯の疾患です。虫歯が発生する過程には、いくつかの要因が組み合わさります。以下にそれぞれの条件を詳しく説明します。

歯の質


歯の質は個人差があり、遺伝的な要因によっても左右されます。エナメル質や象牙質の密度、強度、厚さなどが異なるため、歯の質が弱い人は虫歯に対して脆弱な状態になることがあります。しかし、正しい口腔ケアや予防策を取ることで、歯の質の問題をカバーすることができる場合もあります。

虫歯の原因(歯の質)

細菌


虫歯菌は口腔内に普遍的に存在する細菌であり、特に糖分が豊富な食事を摂取した際に活発に増殖します。これらの細菌は糖分を代謝する過程で酸を生成し、その酸によって歯のミネラルが溶かされます。細菌の数や活性化を制御することは、虫歯の発生を抑える上で重要です。

糖分


砂糖やデンプンは、細菌がエネルギーを得るための主要な供給源になります。摂取された糖分が口腔内に留まると、細菌がこれを代謝して酸を生成します。この酸が歯の表面に付着し、エナメル質を溶かし始めます。特に頻繁な糖分摂取や食後の歯磨きが行われない場合は、長時間、酸による影響が続くことで虫歯のリスクが高まります。

時間


虫歯の進行には時間がかかります。最初は小さくエナメル質が溶かされ、徐々に象牙質に進行します。適切な口腔ケアが行われる場合、歯の再石灰化が促進されることで歯が溶かされる速度が抑制される可能性があります。

しかし、放置された場合や予防策が不十分な場合、虫歯は進行し、最終的には歯の穴や髄(歯の内部組織)への感染を引き起こす可能性があります。