八幡平市にある【岡田歯科医院】歯周病の原因と症状

岡田歯科医院ロゴ

歯周病の原因と症状

歯周病は、歯石や歯垢(プラーク)の蓄積によって引き起こされる慢性的な感染症であり、進行すると歯槽骨の破壊や歯の失われる原因となることがあります。

歯周病の原因


歯垢

歯垢(プラーク)の蓄積

食べ物の残りや細菌などが歯の表面に付着し、歯垢と呼ばれる薄い膜を形成します。歯垢が適切に除去されないと、細菌が増殖し、歯肉炎(歯肉の炎症)を引き起こします。


歯石の形成

歯垢が長時間歯の表面に残ると、カルシウムなどのミネラルが付着して硬化し、歯石となります。歯石は歯垢よりも堅く、歯ブラシやフロスで除去することが難しくなります。

歯石

歯周病の症状


歯肉の腫れや赤み

感染や炎症が進行すると、歯肉が腫れて赤くなることがあります。

歯肉からの出血

歯を磨く際や歯間をクリーニングする際に、歯肉から出血することがあります。これは歯肉の炎症によるものです。

歯肉の後退

進行する歯周病では、歯肉が歯から離れて後退し、歯の根部が露出することがあります。

歯の緩み

歯周病が進行すると、歯槽骨の破壊が進み、歯が緩んで動き始めることがあります。

歯間の隙間やスペースの増加

歯槽骨の破壊により、歯と歯の間に隙間が生じることがあります。

悪臭や口臭

歯周病によって歯肉や組織が炎症を起こし、細菌の増殖が活発化するため、口臭が発生することがあります。

早期の段階では症状が軽く、歯垢と歯石の定期的な除去や適切な歯磨きなどのケアで進行を抑えることができます。しかし、進行した場合には歯周病の進行を止めるための専門的な治療が必要となることがあります。歯科医師と定期的に相談し、適切なケアを受けることが大切です。