歯を失ったまま放置するリスクとは?|八幡平市で予防歯科なら【岡田歯科医院】

岡田歯科医院ロゴ

診療時間:8:30~12:30/14:00~18:30

WEB予約バナー

矯正歯科で使用する「ブラケット」とは?

矯正歯科で使用する「ブラケット」とは?


ワイヤー矯正

ブラケットは通常、歯の表面に特殊な接着剤を使用して取り付けられます。

ブラケットの中には、矯正ワイヤーが通るための溝があります。溝にワイヤーを通して歯を動かしたい方向に向かって力を加えることで、ブラケットを装着した1本1本の歯が少しずつに理想のとする歯並びへと移動します。

当院で使用する「メタルブラケット」の特徴


当院では金属から作られているメタルブラケットを取り扱っています。メタルブラケットの特徴について詳しく説明します。

耐久性と強度

メタルブラケットは通常、ステンレススチールなどの金属から作られており、非常に耐久性が高く、強度があります。この耐久性は、長期間の矯正治療に適しているという大きな利点です。ブラケットが歯にしっかりと取り付けられ、力をしっかり伝えることができます。

コスト効率

メタルブラケットは、他のブラケットと比較して一般的に費用が低いです。これは、予算に制約のある患者さまにとって魅力的な選択肢となります。高品質な治療を他の矯正治療と比べてリーズナブルな価格で受けることができます。

修理が簡単

メタルブラケットは修理が簡単で、万が一壊れてしまった場合でも比較的簡単に交換できます。ブラケットに問題が生じた際は、ブラケットの調整や修理をしますので、お早目に当院へ相談ください。

外見について

メタルブラケットは金属製であるため、歯の表面に装着されると外見上は他のブラケットよりも目立つことがあります。

効果的な歯の移動

メタルブラケットは歯の移動に効果的で、力を均等に分散させることができます。これにより、歯の位置を効果的に調整し、理想の歯並びを実現するのに役立ちます。

ブラケットを装着した際に気を付けること


食事の制限

ブラケットは歯の表面に取り付けられているため、硬い食べ物や粘り気のある食べ物を避けることが必要です。これらの食べ物を噛む際に、ブラケットやワイヤーが壊れてしまう可能性が高まります。具体的にはキャラメル、ポップコーン、硬いキャンディなどの食べ物は避けましょう。


適切な口腔ケア

ブラケット周りの歯垢や食べかすがたまりやすいため、適切な口腔ケアが非常に重要です。歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスを使用して、歯の隅々まで清潔に保つことが必要です。日頃から正しい歯磨きを行い、定期的な歯科検診に通いましょう。

口腔ケアグッズ

自宅で歯を磨く女性

食事後の歯磨き

食事後に歯磨きを行うことは、食べ物の残りカスを取り除き、歯を清潔に保つのに役立ちます。特に、色のついた食べ物を食べた後は早めに歯磨きを行い、着色を防ぎましょう。


定期的な調整

歯科医師の指示に従って、ブラケットやワイヤーの調整を定期的に受けることが重要です。ブラケットの調整は治療の進行に合わせて行われ、効果的な歯の移動を確保します。万が一ブラケットが破損したり、ワイヤーが食い込んだりする場合、自己修理は避け、すぐに当院へ連絡してください。

治療風景

ブラケットは矯正歯科治療において重要な装置であり、患者さまの歯を新しい位置に移動させる役割を果たします。

ブラケットの正しいケアは、矯正歯科治療の成功を保つために不可欠です。