八幡平の歯医者なら【岡田歯科医院】へ

岡田歯科医院ロゴ

予防歯科

歯は大事な体の一部です。削ったら元には戻りません。

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療をするのではなく、

なる前に防ぐこと。


痛くなったら歯医者へ行き、治療をする。

この繰り返しで歯は失われていきます。

大切なのは、病気になる前に予防することです。

また予防することで全体の医療費がお得になる事が多いです。

歯を失ってしまう原因


歯を失う原因

歯を失う2大原因は虫歯と歯周病

一般的に歯は奥歯から失われる傾向にあり、比較的若いうちは虫歯で失われる場合が多く、残った歯が少なくなるにつれて歯周病で失われる歯が多くなります。


なので、【虫歯】と【歯周病】をどう防ぐのかがポイントになります。

虫歯も歯周病も予防が出来ます


原因を除去する

むし歯と歯周病が発症しないように、細菌のかたまりである「プラーク」の除去を行い、口の中を清潔にすること。


セルフケアを身につける

一人一人、歯の形も並び方も違います。プラークを綺麗に取れる磨き方を担当歯科衛生士とトレーニングしていきましょう。


リスクを知る

唾液検査や細菌検査をすることで、自分のお口の中のこと。むし歯・歯周病のなりやすさ(リスク)を知ることができます。初診時に検査を行います。


フッ素で歯を強く

フッ素には歯を強くする効果があります。歯科医院で高濃度のフッ素塗布を受けることで、虫歯になりにくい歯になります。