八幡平の歯医者なら【岡田歯科医院】へ

岡田歯科医院ロゴ

入れ歯

入れ歯は、歯がなくなってしまった人が噛む力を補うために使用される人工歯です。入れ歯を使用することで、食事や会話などの日常生活が改善され、自信を取り戻すことができます。

入れ歯の種類について


総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯は、全ての歯を失った場合に使用されます。口腔内にぴったりと合わせて使用するため、歯茎や口腔内に違和感があるかもしれませんが、慣れると食事や会話などの日常生活に支障がなくなります。

総入れ歯には、アクリル樹脂や金属などの材料が使用されます。アクリル樹脂の入れ歯は軽くて手頃な価格で、修理が容易ですが、耐久性に欠けることがあります。

金属製の入れ歯は、強度が高く長持ちしますが、価格が高く修理が難しい場合があります。

部分入れ歯

部分入れ歯は、一部の歯が欠損している場合に使用されます。周囲の歯に支えられるようにして、欠損した歯を補います。

部分入れ歯には、レジンや金属製のものがあります。レジン製の部分入れ歯は、軽くて手頃な価格で、修理が容易ですが、耐久性に欠けることがあります。

一方、金属製の部分入れ歯は、強度が高く長持ちしますが、価格が高く、外見や使用感に違和感がある場合があります。

総入れ歯

入れ歯の特徴


入れ歯は、歯がなくなってしまった人が噛む力を補うために使用される人工歯です。総入れ歯は全ての歯を失った場合に使用され、口腔内にぴったりと合わせて使用します。部分入れ歯は、一部の歯が欠損している場合に使用され、周囲の歯に支えられて欠損した歯を補います。


入れ歯の材料には、アクリル樹脂や金属が使用されます。アクリル樹脂の入れ歯は軽量で手頃な価格で、修理が容易ですが、耐久性に欠けることがあります。金属製の入れ歯は強度が高く長持ちしますが、価格が高く修理が難しい場合があります。


入れ歯の最大の特徴は、噛む力や口腔機能を回復できることです。入れ歯を使用することで、食事や会話などの日常生活が改善され、自信を取り戻すことができます。また、入れ歯は取り外しができるため、清掃がしやすく、口腔衛生を維持することができます。


しかし、入れ歯には違和感や噛み合わせの問題が生じることがあります。特に総入れ歯は、口腔内に違和感が生じることが多く、口腔内の形状や歯の噛み合わせに合わせて調整する必要があります。また、入れ歯は人工歯であるため、天然歯と同じような感覚や見た目が完全に再現されるわけではありません。


入れ歯を使用する場合は、適切な清掃や修理、調整を行うことが重要です。また、定期的な検診やメンテナンスを受けることで、長期的に入れ歯を使用することができます。

入れ歯治療の流れ


小児矯正治療には、第一期治療と第二期治療の2つのタイプがあります。

1.口腔内の検査


小児矯正治療には、第一期治療と第二期治療の2つのタイプがあります。

2.型取り


口腔内の検査が終わったら、次に入れ歯を作るための型取りが行われます。この際には、粘土状の物質を口腔内に詰め込み、口腔内の形状を正確に再現します。

3.試作品の作成


型取りが終わったら、入れ歯の試作品が作られます。この試作品をもとに、適切な噛み合わせや口腔内の形状に合わせて調整を行います。

4.正式な入れ歯の作成


試作品の調整が終わったら、最終的な入れ歯が作成されます。この際には、患者様の口腔内の形状や噛み合わせに合わせて調整を行います。

5.入れ歯の装着


入れ歯が完成したら、患者様に装着していただきます。この際には、適切な装着方法や清掃方法、違和感が生じたときのことについてなどをお伝えします。

6.調整とメンテナンス


入れ歯を装着した後は、定期的に調整やメンテナンスが必要です。口腔内の状態が変化する場合があるため、定期的な検診や調整が必要です。また、入れ歯は長期間使用すると劣化するため、定期的なクリーニングや修理も必要になります。

入れ歯治療は、患者様にとって重要な治療の一つです。適切な治療を受けることで、自信を取り戻し、快適な生活を送ることができます。

入れ歯(義歯)のよくある質問


入れ歯はどのくらいの期間使用できますか?

入れ歯の寿命は使用状況によって異なりますが、平均的には約5年程度です。定期的なクリーニングやメンテナンスを行い、適切に使用することで寿命を延ばすことができます。

入れ歯は何回も調整できますか?

入れ歯は口腔内の状態に合わせて調整することができます。特に初めて入れ歯を使用する場合には、適切な調整が必要になることが多いため、何度でも調整が可能です。装着時に違和感を覚えたらすぐにご相談ください。

入れ歯のクリーニングはどうすればいいですか?

入れ歯のクリーニングには、歯ブラシや専用のクリーニング剤を使用してください。歯ブラシで表面を優しくこするだけでなく、専用のクリーニング剤を使って除菌・消臭することが重要です。また、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることをおすすめします。