歯を失ったまま放置するリスクとは?|八幡平市で予防歯科なら【岡田歯科医院】

岡田歯科医院ロゴ

診療時間:8:30~12:30/14:00~18:30

WEB予約バナー

歯医者が教える虫歯になりにくい生活習慣

必ず毎食後にしっかりと時間をかけて歯磨きしているのに、虫歯になりやすいというお悩みはありませんか?

今回は、歯科医の視点で、虫歯にならない習慣についてご紹介いたします。

今現在虫歯でお悩みの方は八幡平市の歯医者【岡田歯科医院】まで、お気軽にご相談ください。

虫歯になりやすい生活習慣


甘い飲食物の頻繁な摂取

砂糖は口の中の細菌によって酸に変えられ、この酸が歯のエナメル質を溶かし、虫歯を引き起こします。飲食物の砂糖分が多ければ多いほど、細菌が生成する酸の量も増え、虫歯のリスクが高くなります。特に、ソフトドリンクやキャンディー、甘いスナック類が問題です。

不十分な歯磨き

正しい歯磨き方法でないと、歯垢が残りやすくなります。歯垢は細菌の塊であり、虫歯の主な原因です。効果的な歯磨きには、正しいブラシの使い方、適切な歯磨き粉の使用、そして磨き残しのないようにすることが重要です。

フッ素の不足

フッ素は歯のエナメル質を強化し、酸により歯が解けるのを防ぎます。

フッ素を含む歯磨き粉や、必要に応じてフッ素配合のうがい薬の使用がおすすめです。

食後すぐの歯磨きの避ける

食後すぐに歯を磨くと、食事に含まれる酸が歯のエナメル質を軟化させている状態で磨くことになり、エナメル質を傷つけやすくなります。

一般的には、食後30分を待ってから歯磨きをすることが推奨されます。

虫歯を予防するために大事なこと


歯みがきの見直し

歯磨きは、毎日行うことがゆえに、自己流の癖が付きがちです。右利きや左利き、歯並びや洗面所の鏡の位置など、様々な状況によって、よく磨けている歯と、磨き残しが多い歯ができています。

毎日時間をかけて歯磨きをしているのに、虫歯になりやすい方は、歯医者によるブラッシング指導を受けてみましょう。歯ブラシの当て方や動かし方、力加減など、効率的に歯垢を除去する方法をお伝えいたします。

オーラルケアグッズの活用

スーパーやドラッグストアでは、日常の歯磨きに加えて、歯間ブラシ、デンタルフロス、タフトブラシなどのオーラルケア用品が売られています。これらの道具は、通常の歯ブラシでは清掃しきれない歯と歯の間、歯茎の際、被せ物や詰め物の周囲などをきれいにするのに役立ちます。

定期的な歯科健診

歯が痛い、歯ぐきから血が出るなど、虫歯や歯周病の疑いが出てくると歯医者に行かれる方が多いと思いますが、自覚症状が出てくる前からそれらは進行しています。

症状が出た後だと、歯をかなり削る事になったり、なかなか治りにくい状態まで進んで抜歯をしなくてはいけない可能性も考えられます。定期検診を受ける事で、自覚症状が出る前に最低限の治療で済むため、お口の健康を守れます。

定期的な歯科検診を受けるメリット


患者様の負担を軽減できる

定期的な歯科検診は、最初は面倒や費用がかかるように思えますが、実際には将来的なトラブルや治療費を減らすことができます。病気が進行する前に早期発見し、治療の必要性を減らすことで、通院の回数や治療時間、費用を節約できるのです。

予防歯科についての画像

きれいな歯で自信がつく

定期検診ではお口のチェックと共に、歯磨きの指導もあるため、歯の健康に対するモチベーションのアップも見込まれます。

定期検診の際に、歯石除去、クリーニングを行えば毎日の歯磨きでは落としきれない汚れが取れて綺麗な健康的は歯をキープできます。

八幡平の歯医者なら岡田歯科医院へ


基本は、毎日の歯みがきや、飲食習慣といった患者様の生活習慣によって虫歯になりにくい口腔環境を維持できます。

歯磨きに自信がない、お引越しなどでかかりつけ歯医者難民になってしまったという方は、八幡平市の歯医者【岡田歯科医院】までお気軽にご相談ください。

予防歯科についての画像